前立腺がん 治療記 その6

病理検査の結果

さてさて、病理検査の結果はというと、みごとにがんでした。

ある程度予想はしていたといいますか、覚悟というほどおおげさではないのですが、
想定もしていたので、さほどのショックはありませんでした。

おじさんにあたる人もなっていたので、確率は高いかなと思っていました。

それもあったので、早めのPSA検査もしたのでした。

原因いろいろ

あとで、近所のかかりつけ委医院できいたのですが、
ある人が海外出張になったので、PSA検査をしたところ、数値が30もあり、
検査をしたら、すでに全身に転移してしまっていたそうです。

海外では、使用禁止になっている除草剤、農薬、添加物、
鶏、豚、牛へのホルモン剤や抗生物質等

それらの家畜のふんを肥料に使用した、有機栽培の野菜、
などの影響で、
前立腺がんや乳がんが増えているそうです。

注意したいのと、早めの検査、定期的な検査もしておきたいものです。

治療方法の説明

診断後は、治療方法についての説明です。

まずは、放射線療法によるもの。
1か月位、毎日通って行うそうです。

あとは、手術による幹部切除。
ダヴィンチという機械を使った腹腔鏡手術です。

どちらにしても、この病院ではできないので、
紹介状をかいてくれるそうです。

どちらにするか考えてまた来てくださいということになりました。

応援クリック よろしくお願いします。





にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村