新型コロナ 猫にも感染するの?

猫にも感染という記事

ショッキングな記事をみつけたので、掘り下げてみました。

要点をまとめると、

猫も新型コロナウイルス感染症(COVID―19)に感染する可能性があるという研究結果が、
新たに中国で発表されました。

新型コロナウイルスが猫同士で感染する。ただし猫に症状は出なかった。

犬は影響を受けないことが判明。

ブタ、ニワトリ、アヒルも同ウイルスにとって適した環境ではない。

香港はCOVID―19と診断された人のペットを隔離している。
陽性反応が出たのは犬2匹だけだった。
この犬たちは隔離期間中も無症状だった。

ベルギーでは3月に、COVID―19が、
飼い主から猫に感染した可能性があるという症例が報告されました。

この猫は呼吸器に問題があり、吐しゃ物や排泄(はいせつ)物から
同ウイルスが高濃度で検出されたとのこと。

ただ、世界的にペットの症例が多数報告されている訳ではありません。

めずらしい、レアケースなのかもしれません。

ベルギー保険当局では、人から動物への伝染を防ぐため、
ペットを扱う際には基本的な衛生ルールに従い、ペットとの密な接触を避け、
動物に触った後には手を洗い、動物に顔をなめさせないよう「強く推奨」しているとのことです。


参考サイト
新型コロナ、猫にも感染の可能性 「心配は不要」と専門家

時事ドットコム

AFPニユース

薬の進み具合と症状

薬の進み具合ですが、

レムデシビル、アビガン、カレトラは、ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬です。

特に軽症の段階で使用することで、効果があるようです。

軽症といっても、無症状ではありません。

40度近い発熱、倦怠感、間接の痛みがあっても、軽症になります。

呼吸困難が起きないと重症化とはならないようですので、注意が必要です。

東京都では、アパホテルを借り切って、軽症の人を入れるようです。

ホテルを出られるのは、症状がなくなって、24時間以降に、
PCR検査で陰性になってからのことです。

その間は、隔離されるので、もしもの場合に備えて、
下着などを5枚から10枚は、用意しておくとよいと思います。

米国では新型コロナウイルス感染症(COVID―19)を対象に、
レムデシビルの治験が進んでいます。

ワクチンは、来年の使用開始を目標に、米国のジョンソン&ジョンソンが開発中です。

効果があるワクチンができれば、たいへんありがたいですね。

参考サイト
新型コロナウイルス特効薬とワクチンはどこまで期待できる

米J&J、新型コロナのワクチン 「来年早々」にも供給へ

耳鼻科へ行くのも要注意

嗅覚障害や味覚障害という症状が話題になっていました。

今後、患者数が増えて、熱や咳、倦怠感などに先行する症状として多くなると、

花粉症や鼻炎を疑って耳鼻科に行く人が出てくる可能性があります。

耳鼻科での院内感染が起きかねないことになりますので、

病院に行かれる場合は、注意が必要ですね。

参考サイト
コロナ感染で嗅覚・味覚障害…今後は耳鼻科でも感染リスク

眼科に行くときも要注意

中国・武漢では、眼科医が相次いで新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなっているとのこと。

新型コロナウイルスは、ウイルス表面にある王冠様のスパイクが、
ヒト細胞の表面にあるACE2受容体と結合し、
ヒトの細胞内に侵入。

細胞内で、増殖していきます。
ACE2受容体は上気道以外、心臓や腎臓などに存在することがわかっています。

角膜や結膜の眼表面にこのACE2受容体があるかどうかは不明なものの、

中国の武漢へ調査に入りマスクはしていたが、
新型肺炎に罹患した中国人医師は、

肺炎発症前の数日間、目の充血を経験したことから、
目がウイルスを含む飛沫に暴露したのではないかと考えていたそうで、

感染性を有する飛沫や体液は、結膜上皮に簡単に付着すると考えられるとのこと。

今後、眼科へ行くのも、院内感染に注意が必要になりそうです。

参考サイト
目からうつるは本当か?

//グループアナライザー解析タグ