霞ヶ浦は広かった

2020 9月半ばですが、霞ヶ浦に行ってきました。

きっかけはうなぎ

行くきっかけは、「うなぎが食べたい」でした。

霞が浦のうなぎを食べたいという、一言のリクエストに答える形でお出かけスタートです。

ネットで調べると、鮒彦酸というお店が美味しいということで、行ってみることに。

道のりは、常磐自動車道

京葉道路から、常磐自動車道にはいり、潮来インターまでいきました。

あいにくの天気で、曇り空で時々雨も降っています。

お店に到着

最近のナビは、性能もよく、迷うことなく、お店に到着しました。

ちょうどお昼になったので、お食事タイムです。

2人でうな丼と、天婦羅定食を美味しくいただきました。

鮒彦さん

鮒彦さんは、本業は霞ヶ浦産の小魚の佃煮の製造販売なのだそうです。

以前鉄腕ダッシュの0円食堂が来たそうです。

ほんとにアポなしで突然の訪問だったそうです。

霞ヶ浦を見物

天気はあいにくでしたが、せっかくなので、霞ヶ浦の周りをすこし廻りました。

霞ヶ浦は大きかった

霞ヶ浦は、広く、初めて見ると海のように広かったです。

まわりには、バスフィッシングをしている人もちらほらと見かけました。

天気がいいときに、また来てみたいですね。




応援クリック よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村

//グループアナライザー解析タグ