営業再開 あれこれ

伊豆・三津シーパラダイス

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
3月2日から休館していた静岡県沼津市内浦長浜の水族館、
伊豆・三津シーパラダイス(みとしー)が、

3月21日から営業を再開。

再開後初の日曜となった22日は、親子連れらでにぎわいが戻りました。

水族館では来場者全員を検温。
37・5度以上の発熱のある人の入場をお断り。

イルカショーの度に座席を消毒。

厳戒態勢のなかの再開です。

入場できることになった人も手の消毒を求め、
混雑が想定される「バンドウイルカにお魚をあげよう」など、
複数のイベントは中止。

呼び物の屋外ステージでのイルカやアシカが出演する二つのショーも、
一部時間を短縮。

屋内の魚の展示エリアは扉を開放し、扇風機を設置して換気。

混雑が想定される場合は来場制限も設ける。

館によれば、再開初日の21日の来場者は通常の5~6割。

同日朝にはゴマフアザラシのナナコ(13歳)が赤ちゃんを産むという、
明るいニュースもありました。

赤ちゃんは既に公開。

22日のショーは座席の7~8割は埋まった。

館は3月末までに年間パスポートか前売り券を購入した人には、
オリジナルキャラクター「うちっちー」が、
コロナウイルスをパンチしている絵柄の缶バッジのプレゼントがあります。

感染のない形での、再開はとてもいいですね。

その他のパークは

3月28日時点の情報では、

ディズニーランド  4月20日(月)以降 の予定

USJ   4月13(月) 予定

サンリオピューロランド  3月21日(土) 予定

サンリオハーモニーランド 3月16日(月) 予定


となっています。

しかしながら、首都ロックダウンの可能性など、
今後の状況で変更される可能性は大きいです。

ゆっくり、楽しく安心して遊べる日を楽しみにして、待っていたいですね。

//グループアナライザー解析タグ