男性が初デートで「次はない」と思うとき


男性からすると、当たり前のことも、

女性からすると気がつかないことも。

おもしろいといいますか、珍しい統計だと思い、
紹介したいと思います。

女性の質問で、男性がさめてしまうとき。

それは、どんな時なのでしょうか。

・友人から恋人になったパターン

★ディープな恋の話

彼氏の元カノは私も知ってる。
共通の知人だし、いいだろうと思い、

『どんなデートをしてたの?』
『プレゼントは何をもらった?』と

根掘り葉掘り聞いたら『何なの?昔の女に嫉妬?』とキレられた。

「軽い気持ちで『前の彼女とはどうして別れたの?』と聞いたら、
『それ、初デートで聞く?』と呆れられてしまった。

恋愛関係に発展したら、過去の恋人のことは詮索しないこと。

★気持ちを試す質問

「私のこと本当に好き?」と言われて、ちょっとムッとした

長いことサークル仲間だった子と交際開始。
『私が○○くんに告白されたらどうする?』と、
いきなり他の男の名前を出されて、どん引き。

相手の愛情を確かめるような発言は、だめなんですね。



・まだお互いのことをよく知らない

ついつい、よく知らないからといって、興味津々でも、
質問にはご注意を。

★お金の話はタブー

「年収や家賃を探られ、身辺調査されてる気分になり、覚めました」

「友人の紹介で知り合った子と初デート。
 ランチのときにいきなり『貯金してる?』って。」
この子はないな、と思いました。

 単刀直入に聞きすぎるのはおかしいことですね。

★将来の話は早すぎる

何気なく『子どもは何人欲しい?』と聞いたら微妙な空気。

深い意味はなく『結婚は何歳くらいでしたいですか? ときいたら、
その後疎遠に。

初デートで未来のことを聞くと、
  →   焦っている  →  捕まると面倒
という発想に

リアルな話は避ける。
『好きな芸能人』『どんなデートがしたいか』など、

「勤務先、年収、学歴、お見合いで聞かれそうなこと』はダメ

『品定め』されてる気分になりますね。

★したがってあっさり系の質問を

知りたい、知ってもらいたい、は、自然な気持ちですが、

「どこまで話していいと感じているか」を考慮することが大切ですね。

時間をかけて少しずつ、お互いのことを知っていく。
いいですね。

心理学では、単純接触効果といいますが、

何回か、会うたびにに自然と距離も近くなります。

相手が聞いてほしいと思うようになるといいですね。

//グループアナライザー解析タグ