WIN7 2020/1/14 サポート終了



windows7が2020/1/14サポート終了です。

長年連れ添った相棒のようだった、win7のサポート終了。

さびしい限りです。

まったく使えないことはありませんが、セキュリティ上不安ですね。

仕方がないことではあります。

いよいよ、win10にしないといけません。

あきらめて、win10のPCを買いました。

今日の設定は、パソコンの名前の変更です。

なぜ変更するかというと、ネットワークドライブを使用していて、

そこにつなげるためには、変更しないとだめだったからです。

買ったPCの名前には、-が入っていて、

-がある名前は、 ネットワークドライブ が使えないためでした。

いやはや、たいへんそうで、先が思いやられます。


ちなみに、使い続けたばあいは、どうなるのでしょうか。

プログラムの不具合が見つかった場合とか、

ウイルスの攻撃に対する脆弱性が発見されたりとか、

セキュリティ上の問題が生じたときに、

修正プログラムが必要となる場合がありますね。

サポートの期間中は、システムとセキュリティの

更新が配信されて、それをインストールすることで、

セキュリティレベルがあがります。

延長サポートではセキュリティの更新のみが配信されてます。

サポートが終了すると、これらの更新プログラムは

提供されなくなります。

それにより、

ウイルスの感染、

個人情報の漏えいなど、

セキュリティリスクが高まってしまいます。

また、OSのサポート終了と合わせ、

いろいろなアプリケーション(ソフトウェア)の

機能更新プログラムの提供も対応がなくなってきます。

パソコンが壊れていないからということで、

サポート期間が終了したパソコンを使い続けることは、

さまざまなリスクがありまね。

でも、まったく使えないわけではありません。

極端な話、インターネットに接続しないで私用すれば、

安全ではあります。

また、危険度0ではありませんが、

ネットを見るとき、クリックするとき、メールを見るとき、

よーく注意して、実行すれば、なんとか使用できます。

また、アバストアンチウィルスとか、他のソフトを使用して、

頻繁にチェックするとかすれば、使えないことも

ないのですが、あまりお勧めできることでも

ありません。

できるだけ早く、ウィンドウズ10にするのが、

無難ですね。


//グループアナライザー解析タグ