ランキング

キャッシュレス いろいろ

2019年12月16日



最近話題の、キャッシュレス。

メリット、デメリットについてなるほどと思いました。

ソフトバンク利用、PayPayでの支払いが最大20%還元。

友だち同士での食事にで、LINE Payの『割り勘』機能で
スムーズに会計。

合計金額から1人あたりの金額を算出してくれて、

それを代表者に送金するだけ。

とても便利でお得な感じです。


デメリットは、何でしょうか。

・不正アクセスにより、個人情報が流出するリスクがある

7pay(セブンペイ)が、不正アクセスで被害がでましたね。

・チャージ金額には有効期限があり、
 それを過ぎた分は利用できなくなる

日常的に使うならば有効期限内に使えますね。
そうでないなら、有効期限に注意です。

・ 出金 手数料 または、 出金 できない

現金化に対応してない決済が多く、
出金対応していても手数料が高いことがあります。

・手軽に会計ができるため、お金を使うハードルが下がってしまう

たしかにその通りです。自分も注意したいです。


・災害時など、電気やインターネットが使えないことがある


政府は日本のキャッシュレス化を積極的に促していますね。

ひとつは、コストの削減なるし、会計の見える化になります。

ただ、いいことばかりではないので、

リスクもしっかり頭に入れて使うのが賢明のようです。


ただ迷ったら、こんな考え方も。

キャンペーンを活用したいなら「QR決済」。

アプリの運営会社は、お客さんに使ってもらうため、

さまざまなキャンペーンを打ち出してきました。

最近はやや落ち着いてますけど。

それでもまだ、キャンペーンが出てくる場合があります。

たとえば PayPayの「まちかどペイペイ第1弾」では、

国の「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元店舗で
利用すると、

+5%の還元が行われ、合計10%還元が実現できます
(2019年11月30日まで)。

楽天ペイの「【第1弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元」では

国の「キャッシュレス・消費者還元事業」の2%還元店舗で利用すると

+3%、

対象外店舗で利用すると+5%のポイント還元があります。

店によって両アプリを使い分けることで、

5%・10%の還元を受けることができます。

どちらも「第1弾」となっていますが、
12月以降には第2弾以降のスタートも期待できますね。


情報をきちんと手に入れるという必要がありますけど、
短期間で大きく還元を受けたいですね。